第十回 野桜会展
 
 
東北芸術工科大学 日本画卒業生有志展
 
 
日本画卒業生・大学院生一同
 
 
特別賛助出品 東北芸術工科大学
日本画コース教員
 
 
平成20年11月20日(木)〜30日(日) 
 
 
午前10時30分〜午後6時30分 火曜定休
 
     
   
野桜会とは、山形で育まれた感性を基に、芸工大らしさを発揮できるような卒業生の制作・発表の場として、また、日本に於ける一つの芸術の発信地となるべく発足しました。
同時開催の天童市美術館では100号以内の作品を、画廊では4〜6号の小作品を展示いたします。 是非この機会にご覧いただきますようご案内申し上げます。
天童市美術館会場の日程
平成20年11月20日(木)〜12月7日(日) 
午前9時30分〜午後6時00分(入館午後5時30分まで)
入館料
一般400円/高校・大学生200円/小・中学生100円
(小・中学生土曜日無料、団体20名様以上2割引)
   天童市美術館
   〒994-0013  山形県天童市老野森1-2-2
   TEL:023-654-6300
 
野桜会展の様子
 
野桜会展覧会場内
会場/恵埜画廊
野桜会展覧会場内
松本学長をはじめ、岡村先生ほか日本画コース教員の作品(写真は一部)、全て書き下ろしによる作品です
 
 
出品作品 artwork (会場/恵埜画廊)
 
設楽雅美 『秋の日』 4号
設楽雅美 『秋の日』 4号
  千種 伸宜 『流音』 6号
  千種 伸宜 『流音』 6号
恵埜賞受賞作品
  清水 由朗 『Blue Planet』 3号
  清水 由朗 『Blue Planet』 3号
  竹下修司 『moon lit vial』 6号
  竹下修司 『moon lit vial』 6号
恵埜賞受賞作品。
  寒冷紗に胡粉、岩絵の具。
平面的な線描写と、絵の具が幾層にも重なり研ぎ出しされ、
輪郭を持つことなく存在する小瓶。
その対比によって、静かな光をたたえた
異次元的空間を生み出している作品。
 
 
 
 
  Copyright © 2006-2008 Yoshino-Garo. All rights reserved.