新春 杉本健吉とほとけのかたち展  
  2009年1月8日(木)〜18日(日)
 
  午前10時30分〜午後6時30分 火曜定休  
『佛曼荼羅』と題された作品ですが、
杉本は、少し難しくなりがちな仏教説話などの一場面を、
明るくユーモラスに描いています。
今回は、エッチングに手彩色の作品を展示いたしております。
また同会場にて、和歌山の根来寺境内に画房を構える牧 宥恵(まき ゆうけい)氏の白描画等あわせて展示いたします。
細かくも強い、修練された線の美しさをお楽しみ下さい。



展示作品 artwork
牧 宥恵 『観音菩薩』
白描画は、経典に基づいて作られた『教軌・儀軌』と呼ばれる
如来や観音などの図像や形、持物などの約束事を記したものに描かれます。
伝来や教えによりそれぞれ異なりますが、多くは平安時代以降に重要視されました。
 
会場風景
 
 
展示作品 artwork
 
   
 
  菩提樹の元を囲む天女
 
  釈迦如来の話を聞く動物や鬼
 
 
 
 
 
  Copyright © 2006-2009 Yoshino-Garo. All rights reserved.