展示会情報
展示会情報
西洋アンティークと茶道具展-古くて美しいものの“見立て”あそび-
■4月19日(金)~28日(日)
西洋アンティークと茶道具展-古くて美しいものの“見立て”あそび- 西洋アンティークと茶道具展-古くて美しいものの“見立て”あそび- 西洋アンティークと茶道具展-古くて美しいものの“見立て”あそび-

【定   休】4月23日(火)

【※最終日】PM5:00まで


日本人は、茶碗をみて“景色”を見る。山や谷を眺め、釉肌に空や雲を、季節を、古典の面影を想起する―
貴人のものであった茶は、もてなすかたちを時代を経て様々に変化させ、私たちの生活の中に融合していきました。
現代では、使う人の自由な発想を経て “見立て”られ、道具の選択肢は一層広がりつつあります。
今回は、東西の古美術や、優れた工芸家・職人による逸品を展示します。
組み合わせによって、様々に変化する道具の楽しみ方は、日本人特有の“見立て”る感性や美意識を存分に生かす上質な<あそび>です。 どうぞこの機会にお楽しみくださいませ。 (H)


見立て:「物を本来のあるべき姿ではなく、別の物として見る」という物の見方


出品内容:マイセン・バカラ・ガレ・ラリック・茶道具(茶碗・香合・水指・茶入)・惺入・十五代沈壽官・眞清水蔵六・豊平翠香・若林衛 他

第22回花展-油彩・版画-山形ゆかりの作家による
■4月5日(金)~14日(日)
第22回花展-油彩・版画-山形ゆかりの作家による 第22回花展-油彩・版画-山形ゆかりの作家による

【定   休】4月9日(火)

【※最終日】PM5:30まで


青山ひろゆき サイトユフジ 冬澤未都彦
生田宏司 佐藤勤 山田修市
木嶋正吾 佐藤真生 若月公平
木原正徳 中村桂子 渡邊榮一
鴻崎正武 花澤洋太
(遺作出品)横尾正夫・大内晴夫(五十音順敬称略)


草木が瑞々しく萌え、匂うように花開く早春との巡り会い。そして、描かれたものに心動かされ、観る人の内に惹き起こる想い。それらを曳きだす絵との巡り会いの時があります。
この季節の「時の花」との出会いを種とする作家それぞれの新作です。 これまで魅力的な作品を出品して来られた横尾正夫・大内晴夫 両作家が急な旅立ちをなされました。
この機会にての遺作も重ねて是非ご覧頂きたく、ご案内申し上げます。

岩田和恵

サイトユフジ:山形市出身/武蔵野美術大学卒/渡欧、オーストリア・ウィーンで古典絵画技法 の研究と制作発表活動/ドイツ、オーストリア、ポーランド各地で個展、グループ展。バーゼル(スイス)、ケルン(ドイツ)のアートフェアに出品/近年展覧会・個展/2000・2002ギャラリーせいほう(東京)/2003「生まれるイメージ2003」展(山形美術館)、ぎゃるり葦(山形市)/2005Gallery Samlargrafik(スウェーデン)/2017ギャルリー東京ユマニテ他多数/パブリックコレクション等『とんぼ』(山形市)モザイク壁画(米沢市)他多数

 
〒990-0042
山形県山形市七日町2-1-38
◆電話:023-623-3140
◆FAX:023-623-3140
◆E-mail:info@yoshino-garo.jp
◆営業時間:10:30~18:30
◆定休日:火曜日